2005年07月12日

インソムニア ハイブリッド

dd-ins.-hyb.1a.jpg
今日はこの花です。
この花はインソムニア ハイブリッド (Insomnia hybrids)です。
インソムニア ハイブリッドの特長が良く出た株だとは思いますが、小輪で若干性質が弱いようです。
インソムニアはイアン・コリアー氏(Mr. Ian Collier)が作り出したオリジナル品種です。
インソムニア ハイブリッドの特長として挙げられるのは、スポット入りのピコティーダブルです。
オリジナルのインソムニア自体は現在コリアー氏のみが所有している親株です。
その親株を元に交配し、現在流通しているのがインソムニア ハイブリッドです。
ヘレボラス(クリスマスローズ)は種子からの繁殖では同じ系統の花は咲いても全く同じ花は咲きません。
例えセルフ(自家受粉)で交配しても全くと言ってよいほど同じ花は出ません。
オリジナルのインソムニアは栄養繁殖(株分け)による株のみがオリジナルのインソムニアです。
同様に銘花として発表されているPluto(プルート)などといった個体も株分けによる株のみがオリジナルの銘花です。
ですので、種子から殖やした株をその親の品種名で呼ぶのは間違いです。
あくまでも「・・・・ハイブリッド(.....hybrids)」または「・・・・より(From.....)」とするべきでしょう。
種子からでは全く同じ花が咲かないという事は同じ株を大量に殖やしたい場合ではデメリットになりますが、逆にそこには無限の可能性を秘めているように思います。
posted by Ohgi Nursery at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | インソムニア ハイブリッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする